ワンルームマンション投資の会社の選び方に注目

男の人

出資金の支払いだけで利益

メンズ

不動産投資との違いを知る

月々の給料だけではなく、貯蓄を運用してお金を増やしたいと考えている方も多いです。例えば運用するために株や不動産投資を行おうと思っても、運用で利益を出すためには、基礎知識を身につけたり、管理にかける時間を確保しなければなりません。ですが仕事が忙しい方は、運用したくてもそのための時間を確保するのも難しいものです。そこで不動産投資のように管理のために知識が必要なく、運用して利益を出すための選択肢が、みんなで大家さんの利用です。みんなで大家さんと聞くと不動産投資というイメージを持たれやすいですが、不動産を運用するのはみんなで大家さん側なので、出資者は運用には関わりません。利用者としては、利率の高い定期預金のような形で利用できます。

利益とリスクを比較しよう

みんなで大家さんでお金を運用するか、ほかの方法がいいかは、1人1人の状況に合わせて判断しましょう。状況を判断するための基準となるのが、期待できる利益とリスクです。みんなで大家さんでは、不動産投資よりは少ない利率となりますが、銀行の定期預金よりも高い利率が期待できます。ですが出資金は、みんなで大家さん側で運用されるので、100%というわけではない点も把握しておきましょう。ですが2017年2月現在、元本割れをした例はありません。出資法の決まりで元本保証はされませんが、優先劣後出資があります。この優先劣後出資という仕組みは、出資金は営業者より出資者の返還が優先となります。優先劣後出資のおかげで、元本割れのリスクも最小限となっています。